知らないところで誹謗中傷!?根拠のない書き込みを処理!

2016/07/23

自由なインターネット社会

インターネットが一般的に普及してから自由な発言ができるようになったのです。その一方で、言論の自由の理念を超えたと思われる記載も起こってきています。根拠のない記載だったり、自分が嫌な気持ちになったことに対するはらいせに記載されたり、誹謗中傷と思われる記載も増えてきています。このような自由なインターネット社会でそのようなことが起きないように監視したり、記載した人に対し警告をしたりと、チェックすることが必要です。

誹謗中傷の書き込みを処理

例えば企業が知らないところで誹謗中傷の書き込みがされていた場合、売れるはずの商品が売れなかったり、学生の採用を予定するも応募する学生がいなかったりと企業活動に影響を受けることがあります。しかもその書き込みは根拠のない書き込み内容であることが多いのです。そのため企業としては、そのような書き込みがないか、インターネット上で自社に対する誹謗中傷の書き込みがないかを確認する必要があります。しかしそれだけの人員とシステムを持つことは企業にとっても負担になります。

専門会社に委託すること

最近ではインターネット上の書き込みに対して監視する企業もあります。自社でそのような部署を持つかわりに、専門性の高い監視する企業に依頼する方が経費的にも安上がりになります。誹謗中傷の記載があるサイト運営者に対して、その記載の削除を依頼してくれて、煩わしい作業も代行しておこなってくれます。知らないところでそのような書き込みがおこわれて自社の価値が下がってしまうという影響を受けないように自由なインターネット社会ゆえに自己防衛が必要になります。

法律の専門家に相談をしながら、誹謗中傷対策に取り組むことで、企業の社会的なイメージをしっかりと保つことが出来ます。

/